中性脂肪を無くそう|サプリメントの摂取や生活習慣の改善

笑顔の男性

生活習慣病を防ぐ成分

ヒップを計る

DHA不足が招く命の危険

生活習慣病となる方が急増しています。中性脂肪が原因の生活習慣病は、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす非常に恐ろしい症状です。命を奪う危険性が高く、生活習慣病とならないよう予防することが重要だと指摘されています。生活習慣病となる方が急増している原因は、食の欧米化にあります。青魚を食べない方が増えており、青魚に含まれているDHAが不足しているのです。また、普段から青魚を食べる方でもDHAの摂取量は足りておらず、ほとんど全ての日本人がDHA不足と言われています。生活習慣病とならないためには青魚を食べる食生活とするほか、DHAをサプリメントで摂取することが重要です。細胞を正しく機能させる効果のあるDHAが配合されたサプリメントを、1日でも早く摂取するようにしましょう。

DHAの大きな効果

サプリメントで積極的に摂取すべきDHAは、中性脂肪を抑制するほか、血液をサラサラにする効果があります。DHAは、肝臓で作られる中性脂肪を阻害します。また、肝臓から血液中に中性脂肪が分泌されるのを抑制するため、血中の中性脂肪値を下げてくれます。その他、赤血球など血液の成分を柔らかくするほか、血栓症を予防する効果もあります。心筋梗塞や動脈硬化を予防できるだけではなく、生活習慣病とならない身体にしてくれるのがDHAの大きな特徴です。また、青魚に含まれているEPAと同時に摂取することで、さらに血管と血液を健康に保つことができます。中性脂肪を下げるだけではなく、コレステロールも同時に下げることができ、サプリメントでEPAも摂取するようにしましょう。